2016年9月23日金曜日

日本語の美しさ

こんにちは、遠藤です。


昨晩、大好きな宇多田ヒカルの特集番組が放送されていました。
デビュー時からのファンなので、かれこれ18年程追いかけていることになりますね…!


6年間の活動休止を経て、久しぶりの出演。
テレビの前に正座して番組が始まるのを待っていました。
(元々TVに出ることが少ない歌手です……)


NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌を含む
新しいCDアルバムも発売されます。

Hikki’s WEBSITE

















幼少期をニューヨークで過ごし、
インターナショナルスクールに通っていた彼女。
これまで作った楽曲には英語が多用されていましたが、
今回のアルバムに収録曲はタイトルがすべて日本語!


あるインタビューでは

日本語で歌う意義と、日本語で歌う"唄"を追求したかった。
英語が入る余地もない曲だと思ったし、今の自分の感覚だと、英語を使うことが
"逃げ"に感じられて。
ロマンを感じたり酔いしれたりできる英語ではなくて、
自然と染み入る日本語であって、尚も美しいと思えるものにしたかったんです。 

とも語っていました。(http://trendnews.yahoo.co.jp/archives/450841/



自然と染み入る日本語、その美しさ。
「俳句界」の制作に携わるようになって、身近に感じられるようになりました。

母・藤圭子の死を乗り越え、自らも母となった彼女の新曲。早く聴いてみたいなぁ。。。

2016年9月21日水曜日

第13回現代ジュニア俳句祭に行ってきました


こんばんは、松本です。

先週18日(日)に、現代俳句協会主催の「第13回現代ジュニア俳句祭」に取材に行ってきました。











挨拶をする、安西篤先生(現代俳句協会顧問)





全国の小・中・高校生が参加、応募人数は13,634人、応募句数は23,004句でした。

その中から大賞に選ばれた句は、

先生の弁当のぞく雲の峰   佐藤桃香(足立区立中川北小6)

先生との仲の良さもうかがえる句でした。
夏の青空の下、わいわいと賑やかな昼食の時間を過ごしているのでしょう。
季語の「雲の峰」から、そんな情景も浮かんできます。











受賞者のみなさん




僅かながらうちもご協力させていただきまして「俳句界賞」をお贈りしました。

「俳句界賞」は、

★小学生の部
 ふうりんの中にいるのは風の子だ  重富梨沙(江東区立南陽小5)

★中学・高校生の部
 上中下下巻だけない夏休み  飯倉陸斗(埼玉県立所沢高2)


おめでとうございました!


授与式のあとは、若手の俳人の進行による句会も行われました。
こちらは、和気藹々と、みな臆さずに自分が良いと思った句を披講していて、素晴らしかったです。
子どもならではの感性が光る光る!

新鮮で、懐かしい気分にもなりました。


この詳細は、ただいま鋭意作成中の11月号で掲載です。
お楽しみに☆



2016年9月16日金曜日

仲秋の名月

こんばんは、遠藤です。

皆さま、お月見はされましたか?

わたしは少しでもお月見気分を味わおうと、
友人とテラス席のあるカフェへ行ってきました!


……なんと夜はテラス席が使えないようで、出鼻を挫かれました。
オシャレなカフェなど滅多に行かないので知りませんでした(T_T)

そこで横文字の何だかわからない品を頼み、
味も分からぬまま食べて帰ってきました。

帰り道に空を見上げても、曇天で
月は全く見えませんでした。残念。
ですので写真はありません……








気を取り直して、林編集長が好きな
芭蕉作の名月の句を教えていただきました。


名月や池をめぐりて夜もすがら 

名月や北国日和定めなき 

俤や姥ひとり泣く月の友 


今宵の仲秋の名月を楽しみにしていたのに見られなかった
わたしの気分に合うのは、〈名月や北国日和定めなき〉でしょうか…。
(北国ではなく、都内に居りましたが。)



幸運なことに、編集長は名月を見ることができたそうで
「芭蕉に見せたかった~~きっと、良い句を詠んだだろうに」と言っていました。

2016年9月15日木曜日

悩み

木曜担当の加藤です。

皆さんご存知の通り、「俳句界」は編集長を含む4人で作っています。

それぞれ担当するコーナーも決まっているので、
毎月同じような流れで
作業スケジュールが進んでいくわけです。

私が担当するのは、別冊「投稿俳句界」(と本誌もいくつか)。

今、進めている11月号から雑詠に大牧広先生が加わり、
選者の先生がなんと30人となります!

皆さんの投句をお待ちしています。


そして別冊には投句以外にもコーナーがあります。
そう、今日のブログのタイトル「悩み」はそこに繫がるのです……。


4月号


5月号


6月号


7月号


8月号


それぞれ、どこの写真かお分かりになりますか?

これは、別冊の最終ページに毎月掲載されている
「名句の生まれた場所」の過去の号の写真です。

このコーナーでは、
これまで名句を生んできた<場所>や<行事>をピックアップし、
読者の皆さんに吟行してもらえるよう、詳しく紹介しています。


そう、ここが悩みなんです。

場所をどこにするか、行事を何にするか、句はどれにするか。

うまく「これだ!」と思えるところに出会うまで、
パソコンの前で資料を抱えながら頭を搔き毟る日々がまた……。

そんなとき、アンケートで
「名句の生まれた場所」について感想を書いていただけたりすると、
本当に励みになります。

「俳句界」10月号(9月24日発売・今月は1日早い発売です)でも、
とっても素敵な場所を紹介しています。
ぜひご覧くださいね。

そして11月号(10月25日発売)もお楽しみに。


今月も(編集長に助けてもらいながら)頑張ります!

ではまた来週!

2016年9月14日水曜日

「甘口でコンニチハ!」の取材に行ってきました

こんばんは、松本です。

先週の金曜日と、今週の月曜日に「甘口でコンニチハ!」の取材に行ってきました。
(なんとも豪華な日々であります)

---

まず9日(金)の取材は、酒井啓子さんです。

酒井啓子さんは、現在千葉大学の教授。
中東研究の第一人者でいらっしゃいます。
大学在学中からその道を歩まれたのかと思えば、意外なことに、基礎的なことをさわったくらいだったそうです。
大学卒業後、「アジア経済研究所」に就職。そこで中東について学び始めたそうです。

ちょうど、イラン・イラク戦争が勃発し、混乱のさなかの時代。関わるたびに、興味が深まっていったとか。

中東とアメリカとの関係、日本との民族的な共通点など、興味深いお話が盛りだくさんでした。



こちらは12月号にて掲載です。お楽しみに。
(この回は、九段下のグランドパレスにて行いました。なんとスイートルームをお借りして…! いつもと雰囲気の違った写真もご注目下さい)


---

12日(月)は、田中泯さん。

佐高先生が、永六輔さんのお別れの会でお会いして意気投合され、今回の対談が実現いたしました。

この日のお話は、永六輔さんとの出会い、踊りの道へ進んだ経緯、踊りへの想い。
田中泯さんのこれまでを存分に語って頂く、というとても贅沢なものでした。
(なるべく多く掲載し、皆さんにお届けしたいものです……腕がなります!)

印象に残る「言葉」の数々に、メモを取る手が止まりませんでした。














笑顔が素敵な泯さん。


こちらは新年号掲載です。
まだまだ先ですが、お楽しみに。



対談のまとめは、いつも取捨選択が命です。
「俳句界」の読者に届ける情報はどれが良いか。すべてを掲載できない分、凝縮して良いものにしなければなりません。

いつも、「これでいいのか…?」と苦悩しながらやっているので、読者アンケートで面白かったと書いていただけると「よし!」と嬉しくなります。

今月分も頑張るぞー!!!
(これからまとめるのは、川本三郎さんです)


ではまた来週。

2016年9月13日火曜日

ささやかなお祝いの会




ゆく秋のドライブインに星の地図     松永富士見


編集長の林誠司です。
雑誌は1月号の企画を検討しつつ、10月号の作業にかかり始めています。

昨日はうちのゲラ校正を助けていただいている松永富士見さんが、日本一行詩新人賞を受賞したので、松永さんと編集部スタッフでささやかなお祝いの会をしてきました。
表彰式は9月27日、アルカディア市ヶ谷で。
毎年、私も取材に伺うので楽しみです。

おめでとうございました。

2016年9月9日金曜日

きょうのお仕事

こんにちは、遠藤です。


10月号が昨日校了し、一段落…といいたいところですが

編集長は先々の号の原稿依頼状を作り、
松本さんは「佐高信の甘口でコンニチハ!」の取材へ、
加藤さんは11月号制作に必要な資料を集めに図書館へ……。

タイトなスケジュールで頑張っています!



私は、第18回山本健吉評論賞
応募作品を整理し、選考委員の先生方へお届けしました。


選考委員は、昨年に引き続き
大輪靖宏先生坂口昌弘先生 です。

応募作のコピー(勿論無記名です)をお送りしましたので、
これからじっくり選考していただきます。


速報の発表は2017年1月号(12月25日発売)
受賞作の全文、選評の掲載は2017年3月号(2017年2月25日)を予定しています。







大輪先生は「輪」の主宰。
「俳句界」8月号の「注目の句集」で、
小社より刊行された句集『海に立つ虹』をご紹介しています。



定価:¥2667+税
四六版・上製・函入り






坂口先生は評論集『ヴァーサス日本文化精神史 日本文学の背景』を刊行されました。
「俳句界」誌上での連載が待望の書籍化!















定価:¥2250+税
四六版・上製・カバー装






大輪先生の句集『海に立つ虹』、
坂口先生の評論集
『ヴァーサス日本文化精神史 日本文学の背景』 
どちらもご注文いただけます!

ご希望の方は小社までご連絡くださいね。





それと今日は、9月号の追加注文の発送業務も行いました。

発売から日が経ってもご注文をいただけるなんて、ありがたいことですね(^^)

おかげさまで9月号の在庫、少なくなってきました。
ご希望の方はお早めに……

2016年9月8日木曜日

秋を先取る


木曜担当の加藤です。

仕事を終えて駅まで歩くとき、半袖では心もとない時期になりました。

暑い日は、口を開けば「もう暑いのは嫌だ!」と言ってしまうのに、
ちらほらと秋色の服を着ている女性を見かけると、
「もう秋か……」と寂しく思えてくるから不思議です。




秋天にわれがぐんぐんぐんぐんと    高濱虚子






ドイツ語会話習ふ端から葡萄食ふ  伊藤白潮




さんま焼くや煙突の影のびる頃   寺山修司




曼珠沙華今朝咲きぬ今日何をせむ  林 翔



今日、10月号が無事に校了しました。

雑誌の内容はすっかり秋。

ブログでも「秋を先取り」してみました。


ではまた来週。


2016年9月7日水曜日

つかの間の平穏……


こんにちは、松本です。

昨日、10月号の校正を印刷所に戻し、今日はほっと一息つける一日でした。
ので、後回しにしていた雑務もろもろを片づけたり、広告を作成したりしていました。
毎月、この時間が来るのが待ち遠しいです。


---

先週末は、知人主宰の「日本酒と美味しい料理を味わう」イベントに行ってきました~。

毎回、各地の酒造さんを招いて、それにあう食事を作ってくれるという趣旨。
今回は「大阪編」でした。




















こんな感じで、最初はそれぞれのお酒を少しずついただいて、それぞれの特色をお伺い。

ここで初めて、「日本酒度」というものを知りました。
アルコールと糖分の割合で決まるそうで、プラスになればなるほど、いわゆる「辛口」になるのだとか。
しかし、それぞれ特色があるので、数値と、舌で感じる甘さなどは差が出るそうです。
それも個性。
比べて飲むと、確かに数値は上でも、甘みを感じたり……複雑でした(難しいとも言う)。



















その後は、各テーブル(7人)に、5本の瓶が並べられて、飲んで食べて、飲み比べて! という楽しい時間でした。
(酔ったけど)

7人で5瓶、というのは考えてみたらかなりの量でした。
帰って来てから、使い物になりませんでした。


 酔いがさめ行く虫の音の一人となりて  尾崎放哉

(酒癖の悪さが有名ですけど、放哉の句はいいですね…)


ではまた来週~。

2016年9月6日火曜日

残暑と第55回俳人協会全国俳句大会




















編集長の林誠司です。
今日も暑かった。

本日、編集部は「俳句界」10月号の最終校正日だったのですが、私は昼から、

第55回俳人協会全国俳句大会

を取材しに、東京・有楽町の朝日ホールに行ってきました。

行くだけで汗だくになりました。
会場はとても涼しく、先生方の選評を聞いていると気分がよくなって、あやうく寝てしまいそうになりました(苦笑)。

大会賞一覧

原爆の碑へ遠足の列正す       山本光江
がうがうと潮入れ替る去年今年    曽我部剛生
一つづつ空包みゆく袋掛        古賀勇理央
ごつごつと蝶の影ゆく鋤田かな    吉田幸敏
雲梯のみぎ手ひだり手夏が来る   千葉喬子
顔出して雨を見てゐる種物屋     橋本石火

会場でお会いした先生から、9月号(さらば「萬緑」!)の特集よかった、と声をかけていただき、ちょっとうれしかったです。

会場を出ると相変わらずの炎天…、帰社した時はぐったりしてしまいました。
この残暑、もう少し続きそうですね。
みなさんも気を付けてください。