このブログを検索

2017年5月26日金曜日

6月号発売!

こんにちは、遠藤です。


6月号はお手にとっていただけたでしょうか?





特集「俳句に読もう 季節の鳥」は写真をふんだんに使用したカラーページ。
小杉伸一路「九年母」主宰によるエッセイと坂口昌弘氏による論考で
充実の特集となりました。
これからどんどん暖かくなりますので、
野外での作句に役立てていただけると嬉しいです。





さて今週は、長嶺千晶「晶」主宰のお宅へお伺いし
7月号「書斎訪問」の取材をしてきました。


リビングに飾られていたきれいなバラは、お庭で育てているものだそうです。素敵!



「晶」誌は長嶺先生のご意向で
「やりたいことが自由に出来る」ということをもっとも大切にしているそう。
それが会員の活力になれば嬉しい、と謙虚に語る長嶺先生でした。

会員のみなさまのお力が集結した「晶」は、内容はもちろんのこと、
フルカラーでとっても豪華!
長嶺先生による中村草田男研究も、誌上で発表されていますよ。





研究といえば……文學の森では、
現在  第19回 山本健吉評論賞 作品募集中です!
この夏、研究の成果をぜひ発表してみませんか。


・募集内容
作家論、作品論、本質論など自由。ただし、未発表作品に限る。
(※第16回より、俳壇に多大な貢献をされた評論家・山本健吉を顕彰するため
 「俳句界評論賞」から「山本健吉評論賞」に名称を変更しました)

・枚数
400字詰原稿用紙25枚~50枚。
ワープロ原稿の場合は、1ページ400字になるよう印字すること。
※原稿は郵送のみ受付。応募後の原稿訂正・返却には応じられません。

・締切
平成29年8月31日(木)(消印有効)

・賞
賞状、記念品および副賞10万円

・発表
平成30年『俳句界』1月号誌上
※ 3月号に全文掲載(予定)

・原稿の書き方
1枚目に、①表題 ②作者名(ペンネームの場合は本名も)・ふりがな 
③郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス 
④生年月日・年齢・性別 
⑤所属結社(ない場合は無所属と明記)を表記して下さい。

※ 必ずページ番号をつけてください。



・応募先
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2-8F
株式会社 文學の森 「第19回山本健吉評論賞」係
※ 応募する際、封筒の表に「山本健吉評論賞応募作品」と朱書してください。

※ 応募後の原稿訂正・返却、選考経過の問い合わせには応じられません

※ 詳細は変更することがあります。ご了承ください。


過去の受賞者(敬称略)
岸本尚毅、鳥井保和、坂口昌弘、栗林浩、関悦史、日下野由季、松苗秀隆 ほか



それではよい週末を~!

2017年5月18日木曜日

長野県へ撮影に行ってきました

加藤です。


昨日は7月号「セレクション結社」の取材で長野に行ってきました。
「夏爐」主宰の古田紀一先生の撮影です。

恥ずかしながら、一度も長野に行ったことがなかった私。
半日の取材でしたが、古田先生ご夫妻に案内していただいて
諏訪市の名所を巡り、すっかり長野が好きになって帰ってきました!

まずは諏訪大社へ。
訪れたのは、秋宮と春宮です。
華やかで賑やかな秋宮と、静かで落ち着いた雰囲気の春宮。
それぞれの良さがありました。



狛犬が大きくて、すごい迫力!


秋宮の鳥居から見下ろした、諏訪市の景色が綺麗で感動してしまいました。
後ろ姿は古田先生。


本殿の四方向を囲うように立っているのは、御柱。
六年に一度、山から切り出されたモミの木を、
氏子たちが牽いて下ろしてくるのです。


これが有名な木落し坂。
実際に見るとかなりの角度でした!


そして、諏訪湖へ。
車で30分ほどで一周できる小さな湖です。


天気予報では、午後から雨だったのですが、
晴れ男の古田先生のおかげで、
撮影は無事完了!!

なんと撮影が終わって車に乗ったとたん、大粒の雨が。

取材中、カルガモや鳶、つぐみや行々子(よしきり)の姿を何度も見かけ
本当に心癒された時間でした。

また必ず、諏訪市に行きたいと思います!

ではまた!


2017年5月9日火曜日

校正、準備、校正

こんにちは、松本です。

今週から、日替わりではなく、週一でブログを更新していくこととなりました。


本日は「俳句界」6月号の校正を印刷所に戻す日でした。
雑誌の佳境の日なのですが、同時に、来週行う「文學の森各賞贈賞式」の準備も行っております。

文學の森では、賞を四つ設けています。

山本健吉賞(俳壇で多大な貢献をはたした方へ贈られる賞)
山本健吉評論賞(公募の評論賞)
北斗賞(40歳までの若手の賞)
文學の森賞(弊社にて出版された句集の中から選ばれる賞)

これらすべての贈賞式を、15日に行います。
毎年のことなので、慣れているのですが、やはり間際はバタバタしてしまいますね。

晴れの日を迎える受賞者の方々が気持ちよく受賞していただけるように、準備を続けたいと思います。

なお、この贈賞式のもようも、後日「俳句界」にて掲載されますので、お楽しみに!


















昨年の贈賞式の模様です。
下の写真は、左から弊社社長、山本健吉賞受賞の大牧広先生、山本健吉ご息女の安見子氏。


2017年5月2日火曜日

楽しいGWを。

こんにちは、編集長の林誠司です。
今週は1日(月)、2日(火)のみの出勤なので、今週は月または火曜日担当の私の投稿のみになります。

編集部は6月号の入稿がほぼ済み、最終チェック段階です。

ちなみにGWの編集部の予定。

林…「おくのほそ道」踏破の旅へ。今回は宮城県塩釜から岩手県一関を目指す。
松本…舞台と映画鑑賞(「美女と野獣」)に明け暮れる。
加藤…新居引っ越しの為、荷作りに没頭。
遠藤…金子みすず展、そして会津の実家に帰る。

みなさんもGWを楽しんでください。
ではまた。

2017年4月28日金曜日

プレミアムフライデー

こんにちは、遠藤です。

今月もプレミアムフライデーがやってきましたね。


いつも月末は入稿でてんやわんやの「俳句界」編集部、

今月はゴールデンウィークを控えて前倒しになった制作スケジュールに
さらにひいひい言っております。




5月に開催される〈文學の森 各賞贈賞式〉の準備にもとりかからねばなりません。

そんな中、以前から怪しいフリーズを繰り返していた
わたしのパソコンがとうとうダメになってしまい、
とっってもプレミアムなフライデーを過ごしています!(^^)仕事にならない!!!


新しいパソコンを購入してもらったので、手が空いたら移行作業にとりかかります。



せわしない日々でも、体調管理はしっかりしていきたいものです。
みなさまも暖かくなったな~と油断せず、お体ご自愛くださいませ。

2017年4月27日木曜日

俳句の未来を拓く若き俳人よ、出でよ!

木曜担当の加藤です。

先日、6月号掲載の「如月真菜対談」の取材に行ってきました。
ゲストは、第7回北斗賞を受賞された、西村麒麟さんです。
「北斗賞」は、俳句の未来を開く若い俳人を輩出することを目的とした賞。

昨年応募してくださった時、西村さんは32歳。
今回の対談の最後に「北斗賞に応募しようか迷っているかたへ、ひと言!」とお願いすると、
「とにかく、出してから悩めばいいと思いますよ!」とのアドバイス。

如月先生からも
「自分が思っている以上に、若い人の句をまとめてたくさん読んでみたいと
思っている人は多いと思いますよ。どういう俳人がいるのかも、みんな知らないから。
既発表でいいというのが、ポイント高いですよね」
と優しい言葉をいただきました。

このブログを読んでいる、40歳以下のかた!
まずは応募してみませんか?
何かが始まるかもしれません。

********************************

第8回   北斗賞募集!!

●選考委員
横澤放川先生
鳥居真里子先生
山本素竹先生

●応募要項
・条件   既作・新作・未発表作を問わず、自作150句
・応募資格 年齢40歳以下の方(※締切日時点)
・応募料  無料
・締切   平成29年6月30日(金)(消印有効、郵送のみ受付)
・発表   平成30年1月号誌上にて(予定)



●原稿の書き方
400字詰原稿用紙使用。
1枚目の右半分に題、左半分に以下プロフィールを記載のこと(作品は2枚目以降に)。
①作者名(俳号と本名)・ふりがな 
②郵便番号・住所・電話番号
③生年月日・年齢・性別 
④所属結社名(ない場合は無所属と明記)

【応募先】〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2-8F
    株式会社文學の森 「第8回北斗賞」係
※封筒の表に「北斗賞応募作品」と朱書してください。
※応募後の原稿の訂正・返却、選考結果の問い合わせには応じられません。

●受賞作は文學の森にて句集出版します!

▼歴代受賞者▼
川越歌澄   堀本裕樹   髙勢祥子   涼野海音 藤井あかり   抜井諒一 西村麒麟

********************************

俳句の未来を拓く若き俳人よ、出でよ!

ではまた来週!!

2017年4月26日水曜日

追悼・三遊亭圓歌


4月23日に、三遊亭圓歌さんが死去された。享年88。

「佐高信の甘口でコンニチハ!」で、2014年の12月号に登場していただいた。






















圓歌さんは、どもりをネタにした「授業中」という創作落語が有名。
「山のあなた」という朗読をどもって、「山のあな、あなあな」というくだりが面白い。
この落語が通称「山のあな」と言われるほど。

どもりだということを逆手にとり、しかし落語に対して真摯に取り組まれた。
対談内で、佐高氏の「師匠は落語を辞めようと思った事はありますか」の問いに、

「ないんですよ、それが。面白くやってきたもんですから」

と語られた。

新聞記事によると、近年は従来の住居(有島武郎旧家)を出て、湯島のマンションに転居していたという。
少しでも上野の鈴本演芸場に近い場所に移り、生涯現役を貫いたのだ。

好きな俳句は? との問いには、

冥土にも粋な年増がいるかしら  三升家小勝

という川柳を上げられた。
あちらでも、好みの女性と笑っているのだろう。

笑顔と声の素敵な師匠でした。
ご冥福をお祈りいたします。




2017年4月25日火曜日

会社泊…。

5月号が出たな~、と思ったら、もう6月号の追い込みである。
今月は月末からGWが始まる。
とてもうれしいのだが、その分、雑誌の締切が早くなる。
昨日…(んっ今日か?)は朝5時まで仕事。
さすがにへろへろである。

今日は2大テーマである、

6月号台割表の完成
6月号対談ゲラの著者出し

をしたので、まあ、なんとかなった。
まだまだ仕事はあるが明日でもなんとかなるので一安心だ。

2017年4月21日金曜日

書斎訪問~「悠」水見壽男主宰

こんばんは、遠藤です。

先日、「悠」の水見壽男主宰宅へ取材へ行ってきました。
6月号「書斎訪問」のコーナーです。

素敵な作務衣姿で迎えてくださいました。



本に埋もれて暮すのに憧れた…という方もいらっしゃるのでは?
水見先生のお宅がまさにそうでした。
写真はなんと、玄関。
玄関脇の壁面に書棚を作ったそうです。句集がぎっしり…!


インタビューで「本は、3000冊くらいかなぁ………処分したのは」と語る水見先生に
持っている冊数ではなくて!?と突っ込みたくなってしまいました。
処分してもなお、現在1万冊以上はお持ちだそうです。

影響を受けたお父様のお話など、じっくり語っていただきましたよ。


この様子は現在制作中の6月号「書斎訪問」に掲載します。
インタビュー動画も後日、ネットテレビ「俳句界NEWS」にアップします。
ご期待ください。





2017年4月20日木曜日

未知のこと

木曜担当の加藤です。

私は「知らないこと」を「知る」という作業がたまらなく好きです。
「知らなかったこと」が自分の体に吸収されて、「知識」になることが
ゾクゾクするほど嬉しいんです(言葉にすると怖い)。

よって昔から、本も新聞も大好きな子供でした。
小学校のときは、初めての宿泊行事で一番楽しみだったのが
「帰ってきて、たまった朝刊と夕刊をまとめて読む」ことだったぐらいでして、
我ながら気持ち悪いですが。。

今でも忘れられないのが、中学一年のとき
新聞の社説で「青嵐」という言葉を知りました。
そのとき、爽やかな初夏の風に吹かれて木々が大きく揺れる情景が浮かんできて、
「ものや現象に名前がつくって凄いことだ!」と感動したのを覚えています。
「青嵐」が自分の知識になった瞬間でした。



先日、編集部で仕事をしている最中に雷が突然鳴ったときのこと。
編集長が「虫出しの雷(らい)だ」と教えてくれました。
「虫出しの雷」は立春後、初めて鳴る雷のこと。春の季語でもあります。
春が来たよ、と冬眠中の虫を穴から誘い出す雷という意味でついたそうで。
大人になった今でも変わらず、「知らなかったこと」を知る喜びで
感動してしまった私なのでした。


**********************************

編集部では現在、6月号(5月25日発売)の入稿作業中の真っ最中。
特集関係で、「鳥」についていろいろ調べています。

古典に詳しい方なら、すぐおわかりかと思いますが、
かつて在原業平が伊勢物語で
〈名にしおはば いざ言問はむ みやこ鳥 我が思ふ人は ありやなしやと〉と詠んだ
「みやこ鳥」は今でいうユリカモメのことだとか。
鷹など種類の多い鳥は、留め鳥と渡り鳥の両方がいるとか。
雄が派手で美しく、雌が地味という鳥が思っていたより多かったこととか。
(ちょっと複雑)







毎日知識が増えて、ちょっとパンクしそうです(笑)
6月号もぜひお楽しみに!

ではまた来週!