このブログを検索

2017年9月22日金曜日

9月のスケジュールと、長谷川秋子のこと















編集長の林誠司です。

だんだんと涼しくなり、イベントや外回りの仕事が増えてきた。
最近のスケジュールを見てみると、

9月5日(火)  俳人協会全国大会
9月10日(日) 「松籟」前主宰、島津余史衣先生取材(愛知県出張)
9月14日(木) 七田谷まりうす「秋」「天為」同人と会食
9月17日(日) 「天穹」20周年祝賀会
9月18日(祝) 現代俳句協会ジュニア俳句祭
9月19日(火) 日本一行詩大賞授賞式

この中で、雑誌を作り、書籍を作っているので結構ハードだ。

今後も続く。

9月23日(土) 船越淑子「青海波」主宰取材(徳島出張)
9月23日(土) 神蔵器先生を偲ぶ会
9月24日(日) 「ひまわり」850号祝賀会
9月27日(水) 大高霧海「風の道」主宰と打ち合わせ
9月28日(木) 伊藤敬子「笹」主宰取材(愛知出張)
9月29日(金) 石井いさお「煌星」主宰取材(三重出張)

ところでさきほど書籍を作っていると書いたが、

落合水尾「浮野」主宰著『山月集』

を雑誌と並行して制作している。
これは水尾主宰の師、長谷川かな女、長谷川秋子の作品を水尾主宰が鑑賞したもので、「浮野」に掲載されていたものに手を加えたものである。

ぜひおすすめしたいのは長谷川秋子である。
かな女の句はこれまで読んできたが、これほど多くの秋子の句に目を通したのは初めてだった。
驚愕した。
これは決して大げさではない。

これほど赤裸々で、俳句に命を懸けた女流はそうはいない。
わずか40代でこの世を去ったが、美しくも、衒いのない作品世界は、きっと現代の俳人や愛好者を魅了するに違いない。

どなたかが書いていたが、女性の情念を描いた句では橋本多佳子が知られているが、秋子の作品を読んでしまうと、多佳子の作品が「芝居がかって見える」とあった。
私もそう思う。

秋子の作品はもっと率直で、ありのままを赤裸々に描いている。
少し、生まれるのが早かったのではないか、出てくる時代が早すぎた、と思う。
今なら、現代俳句の星として活躍しただろう。

早世ということもあり、杉田久女と並ぶ近代女流俳句の祖・長谷川かな女の影に隠れてしまった感があるが、間違いなく一読に値する俳人である。
飯田龍太も高く評価している。
落合先生の情のある文章もしみじみとさせる。
ぜひ目を通していただきたいと思う。

今は装丁が印刷段階に入り、本文を折丁校正のみとなった。
ひさしぶりの書籍制作で、雑誌を作りながらというのは、正直きつかったが、きっと意義深い一冊が出来ると思う。


飛ぶときの腑まで真白き母の鷺     長谷川秋子

春の川指を流してしまひたく

雪女とならねば見えぬ雪の城

冬ばらの影まで煎りしとは知らず

男根に初日当てたり神の犬

禁じられしことみなしたき椿の夜

柘榴吸ふいかに愛されても独り

嘆くでもなし放浪のかたつむり

悲しむもの集まれよ今落葉焚く

わが尿をあつしと思ふ黄落期

日傘まはし女一人の無駄遣ひ

ことごとく終りはげしき冬迎ふ

病むもよし死ぬもまたよし油蝉

生きることいそがねば雪降りつくす

2017年9月15日金曜日

東京を知る。

家氏です。


東京に来て初めての1人散歩をしてみました。
お休みの日に行くところは大抵決まっているのですが、
今回は東京をもっと知ろう!づ言うことで初回は明治神宮に行って来ました。
こんなに人が多いとは思っていなかったので、
1人でもまるで、何人か出来たような気になりました!
ゆっくり散策も出来たし、東京にもこんなに自然がたくさんあるところもあるんだな
なんて思いました。
田舎者の私からすると、緑が恋しくなった時だったので、良かったです。
すこしずつ、東京に慣れていって、取材などに役立てていけるように頑張ります。


2017年9月8日金曜日

「私の一冊」の取材で両国へ

加藤です。
今年の夏は雨ばかりでどうも肌寒く、
大好きなかき氷も食べず、薄手のワンピースも着られず、
夏らしいことをしないまま終わってしまった気がします。

そう思っていたら、今朝、通勤時に蟬の鳴き声を聞きました。


短かかりし夏よみんみんも秋の蟬    林 翔

*******************************

前回のブログで、蔵前にロケハンにいったことを書いたのですが……、
実は大雨のせいで蔵前で撮影ができなくなり、
(蔵前は意外と撮影で使える屋根のある場所がないのです)
当日、急遽両国に変更になったのでした。

取材したのは、
9月25日(月)発売の「俳句界」10月号掲載「私の一冊」で、
登場されるのは川越歌澄先生。
川越先生は、第一回の北斗賞を受賞されています。
選ばれた一冊は、とても珍しい、そして大切な本。
詳細はぜひ、「俳句界」10月号でご確認ください!

さて、両国は私の故郷でもあります。
江戸東京博物館に向かう、西口改札周辺は昨年冬にリニューアルされ、
とてもオシャレな商業施設になっていました。

でも、1929年に建てられた駅舎は
ホームから見える景色など変わらないところもあり、
高校に通うため毎日駈け上っていた階段もそのまま。

かつて西口の広場に飾ってあった、大きな横綱の写真は
改札近くに移動していました。


白鵬と武蔵丸。


名横綱と背比べ。
私が小学生だったころ、圧倒的な強さを誇った、
ウルフこと千代の富士が183センチあったのは驚きでした。
貴乃花(貴乃花 光司氏)と戦って、千代の富士が負けた日、
あの一番は今でも忘れられません。



好きだった輪島や朝潮と手を合わせてみたり。
(年代がわかりますね!)
撮影後も両国駅でしばし懐かしい時間を過ごした私でした。


夏場所やもとよりわざのすくひなげ      久保田万太郎


2017年9月7日木曜日

佐高信対談「甘口」の取材に行ってきました。

こんにちは、松本です。

昨日、「俳句界」10月号の本誌が終りました。あとは、印刷所から折丁が出てチェックして終了です。

5日は「佐高信の甘口でコンニチハ!」の取材に行ってきました。
今回のゲストは、弁護士の萩谷麻衣子さん。
佐高先生と「朝まで生テレビ!」で一緒になったことがきっかけで、今回実現しました。

難しい話も盛りだくさんだろうか、と思ったのですが、
弁護士になったきっかけの話や、実母と夫との間で板挟みになった体験、子ども達の話……などなど、共感する話題が多かったです。

とにかく感嘆したのは、テレビのお仕事に向かう萩谷さんの姿勢でした。
専門外のことでも、出る番組のテーマについて、常に書籍を20~30冊ほど読み込み、自分中に落し込んでから臨むそうです。
常に話の結を考えながら喋るそうで、その話しぶりは佐高先生が絶賛されていました。

とても穏やかなのに通るお声でした。
「声を張り上げてないのに、あなたが喋るとみんな聞き入るんだよね」
「あんな喧々諤々な場では珍しい」
とは佐高先生の弁。
誌面では声は伝わらないので、気になる方はぜひテレビにて!

掲載は12月号です。お楽しみに!






















山の上ホテルの玄関前でぱしゃり。

2017年8月29日火曜日

「俳句界」10月号の追い込みです。

編集長の林です。

雑誌は今、追い込みである。
夏休みはありがたいが、その分、仕事がたまる。
今月がインタビュー2本、座談会1本をまとめる、という超荒行(?)なので大変である。

ついさっき、ようやくすべてまとめた。
われながら偉いな、と思う。

2017年8月18日金曜日

初めまして

この度、8月に入社いたしました。家氏千里と申します。
何分、初めてのことがたくさんあり、日々勉強する毎日を送っています。
これからもたくさんのことを学びながら成長していけたらと思いますので、よろしくお願い致します。

もうすぐ、9月号の発売です。今月は822日発売になりますので、よろしくお願い致します。

2017年8月10日木曜日

蔵前へ

こんにちは、加藤です。
最近は少し涼しかったり、急に雨が降ったりと変わりやすい天気ですね。
台風の影響も心配です。
皆様もどうかお気をつけください。

******************************

さて先日、ロケハンのために蔵前に行ってきました。
生まれも育ちも、両国の私。
隅田川を望む蔵前は同じ下町。なんとなく身近な街でした。

……が!
スカイツリーの影響もあってか、
蔵前がどんどんお洒落な街に変化していてびっくり!!


人気の和食屋さんや、


海外からの観光客向けのホテル。
ここは一階がカフェになっていました。
絵になります!


こちらはオリジナルのノートが作れると話題の文具店「カキモリ」。


ノートを作っている様子が外から見えるようになっていました。
そして、スカイツリーと隅田川を眺めながらご飯が食べられるカフェ
「Cielo y Rio(シエロ イ リオ)」。



景色も最高でした!


そして、昔ながらのビルも健在です。
台東区でもっとも古い建物「タイガービル」。


1934年に作られ、東京大空襲でも焼失せずに残ったという
歴史のある建物です。
こういった建物もたくさん残っているのが、蔵前のいいところですね。

********************************

ここ蔵前で撮影するのはもう少し先。
どの先生が登場するのか、10月号をお楽しみに!

ではまた次回。

甘口の取材に行ってきました


こんにちは、松本です。

昨日は、「甘口」の取材で、山の上ホテルに行ってきました。
今回は、11月号のゲスト:小宮悦子さん。

「ニュースステーション」では久米宏さんと並び、番組を支えてきました。

その裏話や、本当はキャスター志望ではなく、コピーライターを目指していた。
女性で第一線で活躍してきた立場として、今の政治の在り方への疑念。
松尾芭蕉の句はモダンである。
……など、興味深いお話が盛りだくさんでした。

佐高先生とも、ニュースステーション時代に一緒に出ていたこともあり、
お話が盛り上がる盛り上がる!

お忙しい中、また猛暑の中ありがとうございました。

掲載は、11月号(10月25日発売)分ですので、どうぞお楽しみに!!






2017年7月31日月曜日

語らずして語る俳句



















 

芥川龍之介佛大暑かな    久保田万太郎

 

 

7月(の後半)になると、この句を思い出す。

うまく言えないが、この句を呟くと、

 

暑い…。

 

と思う気持が不思議と湧いてくる。

 

この句はご承知の通り、芥川龍之介が自殺した時の、万太郎の弔句である。

万太郎と龍之介は同じ下町の生まれで、両国高校の先輩、後輩だった。

 

「大暑」という言葉がこんなに効果的な俳句を他には知らない。

この句は、「芥川龍之介佛」と「大暑」の取り合わせだけの句である。

普通なら、もう少し「悼む」気持をしゃべりたくなるものだが、そんなことは一切言っていない。

言っていないのに、芥川を悼む気持がひしひしと伝わってくる。

龍之介と万太郎は、俳句を見せ合ったりした仲だったから、天国の龍之介も「見事!」と思ったのではないか。

 

同じように何も感傷や説明を何も述べず、悼みの気持を述べた句がある。

 

鎌倉右大臣実朝の忌なりけり    尾崎迷堂

 

 

「実朝」とは、鎌倉幕府三代将軍・源実朝である。

頼朝の子で、二代目将軍・頼家の遺児・公暁に、鎌倉鶴岡八幡宮で暗殺された。

芭蕉や子規も認める、優れた歌人で、その歌風は「万葉調」と呼ばれ、今も人気が高い。

(私も大好きである。)

春の大雪が降る日で、鶴岡八幡で行われた右大臣就任儀式の途中であった。

 

この句も、何にも言っていない。

ただ、「鎌倉右大臣」という言葉だけが添えられているだけだ。

親の頼朝は「右中将」だった。

「右大臣」は当時、源氏の武家としては最高の出世であった。

この上位には「太政大臣」と「左大臣」しかいない。

ただ、厳密に言えば、政治はすでに鎌倉幕府が執り行い、京都の朝廷が授かる位階などは、すでにあまり大きな効果はなかった。

 

この句は、「鎌倉」もいいが、きっと「右大臣」がいいのだ。

「太政大臣」「左大臣」では位階を極めすぎている。

句が華やかになってしまう。

太政大臣は常設ではなく、ふだんは左大臣が最高位であるから、太政大臣、左大臣では位階を極めすぎて華やかになってしまうのである。

 

この「途中」というところに、実朝の悲劇性が感じられるのである。

また、すでに、政治の実権は源氏将軍には無く、北条政子や、執権の北条家が握っていた、ということを考えれば、そこに「悲しみ」も出るだろう。

もちろん「暗殺」ということも念頭に置けば、なおさら「悲しさ」が湧く。

 

しかし、俳句はただただ味わうものである。

そういうことを考えたりしなくても、この句を呟くだけで、なにかしらの「かなしび」は湧いてこないだろうか?

万太郎の句と同様、俳句は語らずして語ることが出来る。

そのお手本のような二句である。

2017年7月21日金曜日

暑中お見舞い申し上げます

いやあ~~暑いですね、、、
体調を崩されてはいませんか?



高校時代、熱血な先生に
「暑いって言うから暑いんだ!『暑い』は禁句!」と怒鳴られ
それでも「暑い」と言いそうになり「あっ…たか~~い!」と
言い直していた、しょうもない記憶が蜃気楼のように蘇ってきました、、、


通勤時、駅から編集部までの道のりだけで汗ダラダラな毎日です。
皆様も、ちょっと外に出るだけと油断せず、帽子や日傘で直射日光を避けて
水分をしっかりとってくださいね。
室内にいるときも、ですね!





さて先月 募集を開始してから続々と応募作品が届いております
光明兼光本店 Tekizami 全国俳句大会」。
豪華選者~有馬朗人「天為」主宰、坪内稔典「船団」代表、中村猛虎「亜流里」代表~が
みなさまの句をお待ちしています!

締切は8月31日(木)必着です。
詳しくは先月のブログ、またはそろそろ発売の俳句界8月号(P.275)をご覧くださいね。

光明兼光本店 Tekizami 全国俳句大会の応募用紙は
「俳句界」7月号、8月号、9月号の巻末についています!
応募用紙のコピーは不可ですのでお気をつけくださいね。






また8月号では、年末の大特集に向けてのアンケートも募集しています。
平成が終わろうとする今、「あなたが選ぶ平成の名句」(仮)と題して
平成に活躍した俳人を振り返ります。

みなさまの声とともに、12月号の特集を創り上げていきたいと思っています。
ぜひぜひ、ご協力くださいね。
締切は9月15日(金)消印有効。
詳しくは8月号(P.274)をご覧ください。



8月号は夏らしい表紙絵が目印です。(画/本誌:小﨑 侃、別冊:長尾 眞)
ではでは暑さ厳しき折、ご自愛くださいませ!